出典 YouTube
  ジェニフェアー・シニア
『幸福は親には高すぎるハードル』
TED講演より

子どもを幸せにしたい!
今の親が「育児書」を求めるワケ




TED講演から

こんな講演が子育てにどう関係しているの? と、ちょっと不思議に思われるかもしれませんが、頭の中の固定概念をちょっとえいや〜っと取り払って、広い心持ちでご覧ください。
きっと、あなたの叡智にポッと灯が灯ることでしょう。


ー英語本スタッフー


「幸福は親には高すぎるハードル」 —ジェニフェアー・シニア—

『“書店の育児コーナーには圧倒されます。”作家のジェニファー・シニアが言うとおり、それは「巨大でカラフルな、皆のパニックの象徴」です。親であることは何故こんなにも不安だらけなのでしょうか?その理由は、現代の中流家庭の親たちが目指す、「幸せな子どもを育てる」という目標があまりに捉えどころがないからです。この歯に衣着せぬトークでは、より私たちに寄り添った達成しやすい目標が示されます。』

TED.comより



あなたはお子さんにどんな大人になってほしいですか?

そう問われると、

「健康で、愛し愛されて、良い仕事に恵まれて、良い家庭を作れて・・・」

いちいちあげていたらキリがないほど、あれこれと浮かびますが、全部ひっくるめれば

「幸せになってほしい」

と願うものではないでしょうか。


ではどんな大人になることが幸せなんだろうか。

と改めて問われると、

また、
「健康で、愛し愛されて、良い仕事に恵まれて、良い家庭を作れて・・・」

と堂々巡り(笑)?


そして、私たち親は書店に向かい、育児書を探しますが、その数たるや・・・
絶句してしまいますね。


youtube77a
出典 YouTube



作家のジェニファー・シニア氏は「◯◯な子に育つガイド」というような書籍がぎっしりと並ぶ光景を目にして、彼女が感じたのは「救い」ではなく、「不安」でした。


そこから、彼女は

『なぜ私たちの子育ては、こんなにも多くの苦悩や戸惑いを伴うのか?』
『育児掲示板もなく、研究発表もなかった大昔から、人類が何千年もの間ずっと上手くやってきたことなのに、なぜ今更大混乱しているのか?』
『多くの親が子育てを、ある種の危機として経験してしまうのは何故なのか?』

そんなことを思ったそうです。


その問題を彼女は
「労働」「家業」という切り口からひも解きます。

そして、その結果出た彼女の回答は・・・。


現代の世の中における多様性が子育てという難儀な課題においてもヒントとなり、またひとつの答えとなるのかもしれません。








*スマホの方はこちらから↓ Youtubeの翻訳設定で日本語字幕でご覧頂けます。


ーYoutubeよりー

*日本語字幕にするには、画面の下のYOUTUBEアイコンの隣にある歯車型のアイコンをクリックし、字幕より翻訳語が選択できます。スマートホンの場合は軽くタップするとオーディオと字幕を選べるアイコンが出ます(iPhoneの現在は縦に点が3つのアイコン)のでそちらから選んで下さい。
詳しくは→ https://support.google.com/youtube/answer/100078?hl=ja





ー英語本スタッフー




 考えない親に考えられる子供は育たない!
 一緒に考えていきましょう。メンバーズ登録を!