フィクションは現実を変える!?

読書や物語は、現実の生活をしばし忘れさせてくれる、別世界への入り口です。

でもフィクションにおける新しい経験が、現実の日常生活における、
ものの見方を変えることができると考えたことはありますか?

『高慢と偏見』から『ハリー・ポッター』まで、人気のある小説が、
いかに人々の対話を引き起こし、文化を形作っているかを学びましょう。

(レッスン:ジェシカ・ワイズ、ナレーション:エミリー・ソフィ、アニメーション:Augenblick Studios、翻訳 Moe Shoji 、レビュー Tomoyuki Suzuki )

日本語TED新着より



*日本語字幕にするには、画面の下のYOUTUBEアイコンの左にある歯車型のアイコンをクリックし、字幕より翻訳語が選択できます。



英語本.comでは、親から子どもへの絵本の読み聞かせを通して、身体と脳と心の教育を行うことをお勧めしていますが、それは読み聞かせが単に知識を越えた、大きな役割を担うものだからです。

知識として、躾として、親が子に人となり、歴史となり、文明や科学なりを伝えることも勿論大切ですが、幼いころから物語に触れる、しかもお母さんの声やしぐさや間合いや横道にそれたお話しが、いかに子どもの心に響くか、今一度考えてみるのも良いかもしれませんね。



ー英語本スタッフー





 子どもは世界を変える力を持っています
 登録後、すぐに無料コンテンツにアクセスできます