初めてのぎゅう〜

前回、ミラーニューロンについてご紹介しましたが、

この行為にもミラーニューロンはおそらく活躍しているのでしょうね。
そして、ミラーニューロンなどを介して行われた行為は、
やがて自分の意志を伝達していく手段のひとつとなっていきます。

コミュニケーションとしてのボディーランゲージです。

手を伸ばし、相手と触れ合うことのできた赤ちゃんは、
自然と抱擁の動作がでてきます。

自身の意志を伝えられて、完結できた赤ちゃんは、
心穏やかに次のステップへと進んでいけるでしょう。

ミラーニューロンやボディーランゲージをテーマにしたのは、
この役割が子育てに非常に大きな意味を持っているからに他なりません。

赤ちゃんは今まさに脳の中がフル回転状態で、ミラーニューロンを駆使しつつ、
一緒にいる人の行動や表情からあらゆる情報を読み取ろうとしています。

そこにはただ読み取って、理解することに留まらず、
相手の気持ちを鏡のように受け取って、自分のことのように思う気持ちが芽生える・・・
すなわち共感する心が、育っていくのです。

大事です。この共感力・・・。

なぜ大事なのか・・・は、また次回に・・・。





Have a good day!

ー英語本スタッフー





 『親子間のミラーニューロン』も解説。
 登録後、すぐに無料コンテンツにアクセスできます