テキサス馬リトリート2016夏(4)

現地報告その4




「考えるな感じろ!」

テキサスでの「馬リトリート」が今年も始まりました。お母さんと子どもたちは今、テキサスはバストロップ近くに滞在し、馬を通して様々なことを学んでいらっしゃいます。その現地レポートをマミ〜からお届けします。

ー英語本スタッフー


頭で理屈で理解するだけでなく、心で感じながら体を通して馬とコミュニケーションする。同時に、馬が感じていることに気づける繊細さが必要。森の中に馬と出かけて行ったお母さんたちは、そうしたコミュニケーションを頭で覚えるのではなく、体感を通じて経験されたようです。

03-1024x768 02-1024x768 01-1024x768




広い所から馬を捕まえてきて、グルーミングして、馬装して、引馬して、馬に乗って、最後は馬を洗うところまで、お母さんたちは全部、自分たちでやってます。覚えるのが早すぎるでしょ。日本人のお母さんってすごい。いや、ほんとに、そう思います。

3歳児のリオに、鞍を着けずにロープで乗っているこのお母さんは、今回テキサスで初めて馬に乗った人。難しく考えなければスルリとできちゃうものなんでしょうね。

「考えるな感じろ!」の実践を馬でやってます。ちなみにこのお母さんは、馬に乗ると性格が変わります。普段は自信なさげにしている方ですが、馬にまたがった途端、別人になります。その差がすごくてビックリ。昨日は人生初のマルガリータを飲んで、ぶっ倒れていました。(笑)人がたくさんいると、毎日色々なドラマがあって楽しいです。







ランディー由紀子


ー次の記事へー




 「生きる力のある子どもに」育てたい!
 一緒に考えていきましょう。メンバーズ登録を!