出典 Pinterest
  旅先で活躍するオモチャーその1ー

ポータブルキット




ポータブルキットで移動中や移動先やレストランでもフロー状態で過ごす

小さなお子さんを連れての移動は、何かと大変ですね。落ち着かせたくても中々思い通りにはいかないもの。 オモチャだって、毎回同じだと子どもも飽きてしまいます。かといって、違うものをたくさん持ち歩くというのも、移動先で買うのもお金も時間もかかります。 お母さんのちょっとした手間はかかるかもしれませんが、お子さんのアクティビティーとして、また経済的にもお安くできるオモチャを創作しちゃいましょう。 お母さん自身の勉強にもなっちゃうかも?!


ー英語本スタッフー


ポータブルレゴキット

レゴ遊びはみんな一度は楽しめるはず。レゴの持つ普遍的な創造性は世代をこえて受け継がれています。

そのレゴ。ただレゴだけを持っていって、「何か作ったら?」と子どもに与えても、すぐ飽きちゃうことがあります。それって遊び方がわからなくなっちゃったのかもしれません。

そこで、ちょっと脳トレのようではありますが、こんな工夫はいかがでしょう。

空間認知能力がアップするかもしれませんね〜。


rego1

100円ショップなどでも取り扱いのある、スナップ式の開閉プラスチック容器を用意します。
そこにレゴブロックを入れ、何枚かのレゴの組み合わせパターンを描いたカードを一緒に入れておきます。


rego2

rego3

子どもにカードと同じパターンをレゴで作ってもらいます。
こんな感じ↑。


カードはお母さんの手作りで(笑)・・・
といっても大変かもしれませんね。このアイデアの元はこちらのサイトにあります。
→http://www.funathomewithkids.com/2014/06/diy-portable-lego-kit-with-free.html

カードの印刷はこちらのサイトからダウンロードできます。(個人利用はOKなんですが、このサイトで頒布することはできませんので、ダウンロードしたい方はこのサイトに飛び、その文面の『activity cards (Set 1, Set 2, Set 3) 』というところをクリックしてください。 でも、このパターンが使えるレゴをお持ちじゃないと、使えないですよ。 もしパターンと違うレゴの場合はこんな感じで作ってみましょう。
以外とパパがのって作ってくれるかもしれませんね。


rego4 rego5




知育玩具は楽しいんですが、結構高額なものも多く、あれこれと買い求めているとかなりの出費。子どもが遊んでくれるかどうかも不明ですし、長く遊ぶかどうかも不明です。

当英語本.comの講座、『チルドレン大学』ではこういった知育玩具をチル大生(講座受講中のお母さんたち)の皆でシェアしたり、話題にしたりしています。
皆で情報を共有できると良いですね。

こんな↓玩具が話題です。
でも購入するとなると、キリがなくって大変かも・・・。アイデアだけ頂いて、手作りしたりちょっとだけ工夫してみるというのも良いのかもしれないですね。


「ラッシュアワー」

「ラッキーパズル」


ー英語本スタッフー



ー次の記事へー




 『知恵』『考える力』『感じる心』を子どもたちに!
 一緒に考えていきましょう。メンバーズ登録を!