生きる力を身につける!

【新チルドレン大学開講】

【新チルドレン大学開講】

英語本で提供している「チルドレン大学」
これを、全見直しして、「新チルドレン大学」が開講しました!

ー英語本スタッフー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 生きる力を身につけ、自分も幸せに、
 人のことも幸せにできる人間になって欲しい

 たくましく生きる力を持った人間になって
 自分ができることで、社会に貢献して欲しい

 どんな状況でも生き抜いていける力と
 他人への思いやり、愛情を持った子になって欲しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


我々英語本.comで、提供してきた講座を終えるたびに、
その講座に参加されてきたお母さん方へ感想を問うのですが、
多くのお母さんたちが『我が子の幸せ』を
他者や社会と切り離しては考えられないと感じられています。


チルドレン大学では、これまでに賢い子を育てる方法として
対話式読み聞かせや、ネットワークさせていく学習法などを
お伝えしてきました。


しかし、

「知性豊かで健康であっても、それだけでは十分ではない。」
マミ〜は今までのチル大では、伝えきれなかったことがあると言います。



それは何か・・・

幾度かミーティングを重ねて行く中で、やはり話題となってきたのが、

「人間性」

高い知性や豊富な知識、健康な身体や能力を、
自分のためだけに使うのではなく、
他者のため、社会のためへと還元していくために必要な「コミュニケーション力」や
「社会性」や「心」を育むにはどうすれば良いのか。



〜〜私たちは決して一人では生きては行けない〜〜
〜〜子どもの幸せは他者や社会と切り離すことはできない〜〜


これは、多くの親たちが学ばずとも自然に知っていたこと・・・
なのではありませんか?


でも、日常の不安や焦りからどうしても目の前の子どもの「できる・できない」に目が行き、
忘れてしまっている・・・
そんなことはないでしょうか。


さて、このようなことと、子どもの学びとがどう結びつくのでしょう。
そしてそれがどう「生きる力」として備わっていくのでしょう。



真剣に考えた結果、

「新チルドレン大学」ができました。



新チルドレン大学TOP

新チルドレン大学TOP





【学ぶ子どもになってほしいなら、学ぶ親になりましょう】

チルドレン大学では、子どもではなく親であるあなたが学びます。

それは今までのチルドレン大学でも新しくなったチルドレン大学でも同じです。


では、何が変わったのでしょうか。


それは・・・

・スマホ&タブレットから受講が可能

・受講者専用コミュニティで先輩ママのサポートを受けられる

・パワーリーディング講座から厳選された新しいコンテンツを導入

というスペック的な要素はもとより

全てのコンテンツを1つずつ、マミ〜が見直し
大幅に加筆、修正が加えられています!



新チルドレン大学で学ぶことは、あなたの生き方や子育ての仕方に大きく影響します。

それは、単なる知識や偏差値で測れる叡智ではなく、真の叡智、
すなわち自分で学び続けることのできる力=生きる力
を子どもに与えられる深い叡智の始まりとなることでしょう。



∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

■ 新しくなった「チルドレン大学」はこちら
http://www.eigobon.com/childrensuniversity/index.html

価格 35,000円

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

「自分の子どもには、与えられた能力を最大限に活かし
 人の役に立ち、自身も幸福になれる人間になって欲しい」

そんなあなたの入校を心からお待ちしています。

■ チルドレン大学サンプルページ
→ http://eigobon.sakura.ne.jp/childrensuniversity/concept/smp2/


ー次につづくー




 考えない親に考えられる子供は育たない!
 一緒に考えていきましょう。メンバーズ登録を!



 



▼ 編集後記 


子どもに教育を与えたり、躾をしたりするのは、子どもが幸せな人生を歩んでほしいと願うからですよね。

最初から、他者を不幸にしてでも伸し上がれ、とか、社会迷惑などはどうでも良いから自分の保身を全うしろ、なんて教えません。

でもいつも間にかそんな大人が出来上がっている・・・。あなたの子どもがそういう人と関わらないとも限らない・・・。

人に幸せな気持ちをもたらせることの出来る人は、人から感謝されます。たくさんの“ありがとう”と“笑顔”と“愛”を向けられるでしょうね。

そうしたら、その人はきっと幸せな人生を歩むことができるのではないでしょうか。





ー英語本スタッフー