五感を探検してみるーハローウィンパンプキンバッグー



10月、秋真っ盛りとなりました。ハローウィンの季節ですね。今日は小さい子どものためのパンプキンアクティビティをご紹介します。

ハローウィンといえば、オレンジ色も鮮やかなカボチャ、Jack O’Lanternを思い出しますが、お家で作られる方っていらっしゃいますかね〜?


子どもが小さい時には、結構ねだられるんじゃないかと思うのですが、どうでしょう。

Jack O’Lanternではなくても、また宗教上云々という方も、なんとなくカボチャが目に入ってくる、季節です。

そのカボチャ、飾るにしろ、食べちゃうにしろ、中身の種の部分って、くり抜いてしまいますよね。別途何かしらの用途に使う方もいれば、普通に生ゴミになる、という場合もあります。

中わたの部分は結構、匂いも強く、ヌルヌルしていて扱いがちょっと困難なイメージですよね。
でもそのやっかいな部分が幼児にとっては格好のオモチャになります。

中身のワタの部分と種。これはその色味や質感が他の野菜や果物とは異なり、独特の印象を持たせます。

触感のアクティビティができますね。

Let’s try!


ot32_Bag-Pin



<カボチャ感覚BAG>
出典元:Pre-K-Pages

準備するもの
・カボチャの中綿&種
・ジップロックなどの口が閉じる丈夫なビニル袋
・ハローウィンにちなんだ、絵やシール、消しゴムのようなミニオモチャ
・アイテムを描いたイラスト用紙*

*イラストはこちらから印刷できます。


感覚の遊びは、子どもの感覚を多いに刺激できる素晴らしい活動です。 比較的、材料を調達するのに手間取らないので、お母さんが料理をしたり、工作をしている間の遊びとしても利用しやすいかもしれませんね。 また、発達においての問題を抱えている子どもたちにとっても、良い刺激となるでしょう。

ot32_Pumpkin-Bag-FB



カボチャの中身をくり抜いたら、ジップロックの大きいサイズのものに入れましょう。
そして、ハローウィンのアイテム(コウモリ・クモ・目玉・お化け等)を一緒に入れ込みます。

子どもにはあらかじめ、印刷して出したアイテムカードを渡しておきます。

袋の用意が出来たら、子どもに渡して、その中の小さなハロウィンオモチャと、印刷して出したアイテムカードのオモチャとを照合するゲームをしてもらいます。

ot32_pumpkin-bag-1


ot32_Spy-Bag



子どもたちはこのぬるっとした感覚や、種のごつごつ感を感じながら、宝探しのようにアイテムを探す事ができ、触感を楽しめます。

ot32_pumpkin-guts
ちょっと見た目は、「えええ〜?」ってなるようなものですが、オレンジ色のきれいなカボチャならではのチャンレジなのかもしれません。 袋は簡単に破けたり口が開いたりしないために、フリーザー仕様の丈夫なビニルバッグが良いかようです。 作業も材料もとても簡単なので、いろいろと応用もでき、子どもたちのパーティーゲームにも良いかもしれませんね。

Have a good day!

ー英語本スタッフー





 『自分で考えられる子』を育てる
  登録後、すぐに他の無料コンテンツにも
 アクセスできます