五感を探検してみるー黒紙&オイルパステルー



少し大きい(小学校低学年〜中高学年)子どものための楽しいアクティビティをご紹介します。

ちょっと早いですが、ハローウィンのイベントでも活躍しそうですね。


お絵描きやら、工作、手芸など小さいお子さんでもできるものは、いろいろとあります。

身体を動かすことは脳を鍛えるのに、とても重要です。

脳や心だけが身体を離れて鍛えられ成長するなんてことは、普通に考えてもありえませんね。

身体を動かす事の中には、このお絵描きやら、工作、手芸も入ってきます。大きく身体を動かす運動系アクティビティの他、手先や感覚機能を主に使うアート活動もとても脳の成長に良いです。昨今では認知症予防にもアート活動が大きく取り上げられるほど。

アート活動は手先を動かすということの他に心を解放する効果が大きいので、五感を探検するアクティビティとしてどんどん取り入れてくださいね。


今回は絵本を読んでいると必ず一回は出会う、魔女〜。でも魔女自身ではなく、かぶっている帽子を描いてしまいます。

ここでちょっと気にして頂きたいのが、絵を描くという行為は、実は観念を解放してやって頂きたいということ。

どうしても、上手、下手、うまい、上手くない、と言った技術的な完成度を持ち込みがちになるのですが、それらを一旦離してしまいましょう。そうするとお母さんの方も楽しいひと時になります。ルールはただひとつ。


『楽しむ事』


Let’s try!


other31_p1



<魔女の帽子を描いてみよう>
出典 make and takes

準備するもの
・黒画用紙
・オイルパステル(クレヨン)
・ポスカのような黒い紙に描ける油性ペン(ラメの入ったものとかも良いかも)



初めに、どんな帽子を描くか、皆でブレーンストーミングしてみましょう。
形はまっすぐかな?上の方がちょっと曲がっているのかな?穴があるとか?幅広な帽子にする?
などと、たくさんお話ししてみてください。

other31_p2



黒い紙の上に薄い色(シロ・ピンク・クリームなど)で輪郭を描きます。 上手い下手は言わないでくださいね。『長い帽子なんだね〜』とか『とんがり帽なんだね』とか、状態を言葉にしてみましょう。

other31_p3



帽子に飾りや色をどんどん入れていきます。ジグザグ、いたずら描き、ストライプ、水玉模様、考えられるさまざまな表現を盛り込みます。べた塗りもOK!
上手とかキレイに塗れているとかは関係ありません。お隣さんとは違うデザインを目指しましょう。

other31_p4



黒い紙にはラメの色や、*ビビッドなカラーのペンがあるともっと楽しめます。
あなたの帽子やバックグラウンドにいくつかの光沢のある詳細情報を追加します。

*出典元でのおすすめはこちら→sharpie シャーピー

other31_p5
お子さんとたくさんアイデアを出しながら、自分がデザイナーになったような気持ちで描いてみると楽しいかも。

おそらく女の子の方が比較的好きなアクティビティかもしれませんが、描くものを魔女の帽子ではなく、空想の宇宙とか、空想の乗り物とかにするのも面白いかもしれません。

このアクティビティの目的は、黒い紙に乗せると今までの描き方と少し違う体験ができ、発想が膨らむ事を体験してもらうことにあります。

質の良いオイルパステルを使用することで、パステルがしっかり紙に乗り、こすったりひっかいたりすることも含めて、集中して感覚を楽しめるかと思いますが、普段使いのクレヨンでも充分に楽しいアクティビティになると思います。


Have a good day!

ー英語本スタッフー





 『自分で考えられる子』を育てる
  登録後、すぐに他の無料コンテンツにも
 アクセスできます