五感を探検してみるー嗅覚遊びー



子どもたちには、たくさんの体験経験をさせてあげて、
大きな創造力と思考力を持たせてあげたいものです。


日常の些細なことからもたくさんの興味深いアクティビティは作れます。

今回は「嗅覚」をちょっと探検してみましょう。

pink




<小麦粉粘土にアロマを入れる>

ま、そのままなんですけど(笑)

小麦粉粘土は良く作られる方も多いのではないかと思いますが、そこにちょっと香りをプラス。

え〜?子どもにアロマ?

と思われる方もあるかも知れませんが、強い香りではないオーガニックのピュアエッセンスオイルを使用することで、 身体にも心にも穏やかなひとときをつくることができます。

今回は小麦粉が苦手なお子さんにも使える、コーンスターチを使ったレシピをご紹介します。


<材料>

●1/2カップコーンスターチ
●1カップ重曹
●3/4カップの水
●2〜3滴ペパーミントの精油
●食紅4〜5滴:(ピンク色にするためのオプション)


<作り方>

1)精油以外の材料を鍋で混ぜる。(まだ熱は加えない)
2)極々弱火で鍋を温める。
3)常に混ぜ、泡が出たら火を止める。
4)すぐにかたまり始めるので、混ぜながら冷ます。(熱いので気をつけて。)
5)広げて冷まし、冷えたら精油を加えます。


ー“Make and takes”よりー

Pink-Peppermint


香り付き(できるだけオーガニックの自然な香りにして、繊細な嗅覚を守って下さいね。)の粘土で創作するものは何ができてくるのか楽しみですね〜。

着色を天然のものに・・・と思う場合は、こんなチャレンジはいかがでしょう?↓↓↓
粉末状になったスパイス類を使用すると、とてもエスニックでプリミティブな感覚が味わえるかもしれませんね。

HerbSpice


なんだか美味しそう(笑)

HerbSpice2




他にも着色をしない生地で、こんな遊びもできます。

<香り当てゲーム(笑)>

●数種類のエッシェンシャルオイルを用意。
●生地を分けて、エッシェンシャルオイルを混ぜ、それが何の香りかを当てていく。

*もちろん、エッシェンシャルオイルではなく、他の香りの元となるものがあればそれでもできそうです。いろいろとお子さんとの相性も考えてみてくださいね。

少し大きくなったお子さんとなら、ミッションを与えて解読していく経過も楽しめそうですね。

また、生地同士を混ぜ込むことで香りも混ざるのか、混ざったらどんな香りなのか、たっくさんおしゃべりしてみてください。

labeling



Have a good day!

ー英語本スタッフー





 『自分で考えられる子』を育てる
  登録後、すぐに他の無料コンテンツにも
 アクセスできます