出典 Pinterest
  ダース・ベイダーを育てない


Every miller draws water to his own mill.  

自分の利益ばかり優先して行動したり、自分中心に考えること。=(我田引水)

【考えるポイント】

一生懸命子供を教育しても、自分だけが競争に勝てばいいという心を
子供に知らず知らずに身につけさせてたとしたら・・・
そのような子供が一人いるだけならまだしも、もし頭が良くてパワーがあって
でも人のことなどお構いなしの、自分勝手な人間を多くの人が育てていたとしたら
そんな世の中って怖いと思いませんか?
自分の子供には賢い知恵もありながら、人に対して思いやりの持てる人間に
どうか育って欲しいものですね。でも、それったらどうしたらいいのでしょう?

ーランディー由紀子ー


前も書きましたが、息子は幼稚園の時に20まで数えられませんでした。

字を書いたり、本を読んだりするのだって特に早くなかった。

よく聞くでしょ?3歳でもう本読んでるとか、計算できるとか、

そういう子供たちの話。

うちの子は、そんな兆候ぜんぜん見せてくれなかったな。


「でもね、頭の良い子を育てるなんて簡単よ。誰にでもできる。」


小さい頃、とりたてて才能があると思えなかったうちの子だって、

何かの計算のパターンを見つけたり、将来のエネルギーは原子を分解して

どうたらこうたらとか、病気になった時に身体の中でどんな

化学反応が起こっているとか、はたまたシェイクスピアの話とか、

12歳になった今では、私にはついていけない難しい話をしています。


しかし、私はある話をするまでは、これまでどういう教育をしてきたか、

具体的な情報を人に提供しちゃいけないって思ってるの。


なぜなら自分のことしか考えず、人のこと蹴落とすなんて当たり前、

それでもって、自分の得になることしかしない人・・・

そんな人間がすごく頭よかったら?

そして、私たち母親がそんな人間をこぞって育てているとしたら?

頭ばっかり良くて、思いやりの欠けた人間ばっかりの世の中になって・・・


うわ~~~~~~~


そんな風に考えるとちょっと怖くない?



大げさに言うと、子供をダース・ベイダーに育ててしまったら、

「神様にしかられる」って言うと宗教っぽく聞こえるとしたら・・・


「宇宙の法則から外れる」


(こっちの方がもっと宗教っぽいか・・まあ、何でもいいや)

とにかく、心を育てずに頭脳だけ鍛えたら怖いよ~~~~~!


考えない親に考えられる子供は育たない!
一緒に考えよう『ボディ、マインド、スピリット』の教育





ガンジーは、「7つの罪深き事」の一つにこんなことを挙げています。

「人間性に欠けた科学」


それではここで、ガンジーさんの言葉をちょっといじってみましょう。

「人間性に欠けた経営者」(成功しないだろうな・・)

「人間性に欠けた弁護士」(信用できね~)

「人間性に欠けた心臓外科」(怖すぎる・・)


いわゆる物理的に成功している人たちで、(人間性に欠けてる)って

思える人(思いたくないけど)に会ったことな~い?

例えば、私が息子を産んだ産婦人科の先生・・・

私は先生のゴルフの予定で、自然分娩じゃなく帝王切開で子供を生まされた。

(クソ~~~~!!!)

でもこんな話、世間にはよくあるワケだ。


そんでもって、そんなことをしちゃう先生だって当然人の子。

だから、そんな彼を育てた親がいるのよね。

(いったい、どんな親だったのかね?)


もう一回言いますね。

「頭の良い子を育てるなんて簡単よ。誰にでもできる。」


でも、思いやりがあって優しくて、賢くて健康な子供を育てるのは、

お母さん(お父さん)が、子育てをスピリチュアルに心で感じ、

また頭で論理的に理解したことを 毎日の生活の中で実践していく・・・


(注意:ここから先に言うことは、耳が痛くなる人もいるかもしれません)



          つまり・・・・



「子供にご飯を食べさせて勉強させてるだけじゃあ足りないっつうワケだ」


実はさ、うちも毎日、今度はこうしてみよう、次はこうやってみようって、

試行錯誤しながら子供を育てているんだよ。


反省したり、夫婦で口論したり、子供と話し合ったり・・・

(これでいい)なんていう日はないんだな、これが。



ところで中には、賢くなくてもいいから、思いやりがあって優しい子に

育ってもらえばいいじゃない?という方もいるかもしれない。

    ごもっとも・・・


だけど私には“ある理由”があって、

優しいだけじゃなく「賢くて愛情豊かで健康な子供を育てるんだ」

って、強く決心して子育てしています。



ー次へつづくー




 子どもを幸せにする教育は誰にでもできます
 メンバーズ登録で、<無料>にてご提供します!



 



▼ 編集後記 ー@英語本スタッフー

普通に勉強ができるのだって、大変なことなんじゃ・・・

試験前だというのに、寝て、食って、遊びまくってる我が子は・・・

だめじゃ〜ん!これじゃ勉強できてないぞ〜!(笑)

でもでも冷静に考えると確かに・・・

無理矢理机にかじりつかせて、競争心を煽りまくって、

脅しと褒美で、子どもの心を縛れば、何ということもなく

勉強だけはできるのかも知れないなと思いました。


問題は・・・

それでいいのか?ということ。

子どもも辛いですよね・・・。