マインドのパワーを使う時は○○にご用心


亀の年を鶴が羨む

千年の寿命を保つという鶴が 万年の寿命を保つという亀を羨ましがるという意味 欲には際限がないことのたとえ

前回の記事ではマインドによる「引き寄せ」のお話が出てきました。あの有名な「The Secret」。でも、その教えには肝心なところが抜けているとマミ~は言っていますが・・・。(英語本スタッフ)


宇宙はエネルギーであり、人間も人間のマインドも磁石のようなエネルギー。


私はこのようなことはかなり若い頃から知っていました。

なのでThe Secretは上手に作られているな、と感心したものの
特に新しい事を学んだワケではなく
むしろ98%のところで話が終わっていて
最後の一番肝心なところが抜けているのが気になりました。


それは『動機』です。


なんのために宇宙の法則を利用してパワーを使って
自分の夢を叶えたいのか?

真っ赤なフェラーリのスポーツカーや豪邸や
世界旅行に行き放題行ける、お金と時間が欲しいから?

家族の幸せのために?

子どもをいい学校に入れるために?

まあ体裁いい動機も色々考えつくかもしれませんが
でも、それらを更に奥深く掘り下げて行ったところの動機・・・
それは何なのか?


これは私の経験ですが、若い頃から
マインドの成せる技は知っていたので
それを使ってブイブイ好きな事をしていた時もあります。

でも私利私欲やエゴのためだと、しっぺ返しがきます。

はい、私はそのしっぺ返しも経験させられました。

くみとり便所でウンチをした時のように
“ブイブイ”にはおつりが返ってくるのです。
(これで読者を数人失ったか。。ふっ)

ここで、ゲーテの戯曲『ファウスト』について・・・

説明すると長くなるので、これを読んでね
→ ファウスト(ウィキペディア)

ファウスト博士はパワーを得るために、悪魔のメフィストと契約しちゃうんですよね。

*映画では邦題「ディアボロス」がメフィストのような悪魔を描いていますね。
この映画の中ではルシファーだったか・・・
その他、悪魔にはサタンとか名前がたくさんあるね。

これはわりと最近の映画だと思ってたけど、1997年の映画だった・・・。

ちなみにうちの父は、アル・パチーノが演じる悪魔のような性格の人でした。
でも今は田舎で自分で野菜作ったりしてます。ぎゃはは
お薦め↓
http://movies.yahoo.co.jp/movie/83910/


The Secretでもパワーを得る方法を教えてくれます。
お経を使ったパワーやThe Secretで学んだマインドの使い方を
私利私欲のために使う・・・
私はどうもそのようなことと、メフィストとイメージが重なっちゃうのよねえ。

でもファウスト博士は最終的には真実を学び

メフィストの手中に落ちることはありませんでした。

だからぁ・・・ 物語だから。

でも現実は己の中にいるメフィストに打ち勝てない人もたくさんいるでしょう。

私とて自分はどうなのか?と思ったので、その辺がハッキリするまで
無闇に修行などしちゃいけないと思いました。

例えばさ、もしマインドの力でものすごい能力を与えられるとしましょう。
ファウスト博士のように。
でね、考えちゃったんですよ。

もしパワーを得た後も純粋な動機を持ち続け
そして、私利私欲をなくし自分のため家族のため人のために
ひいては全人類のために、そして時空を超えた
この世の生きとし生けるもの全てに
自分に与えられた能力をエゴが無い状態で使うことができるか?

ちょっと疑問符。
ぜんぜん自信ない。
あ、でも、取り敢えずは今よく考え中です。(笑)

みんな夢があって、自己実現したくって、やりたいことや
なりたい自分があったりすると思うけど
その動機はなんなのでしょう?

最後に、お経やThe Secretで教えてくれている内容が悪いのではなく
私たちがそれをどう使うか、その動機はなんなのかで
同じものが悪魔の道具にも、神様のご意志にもなると思っています。
さあ、今日も脳ミソに汗をかいて考えてみましょう~♪

  - 次回につづく -


 世界に通用する教育は誰にでもできます
 メンバーズ登録で、<無料>にてご提供します!



 



▼ 編集後記ー@英語本スタッフー

自分の本当の動機・・・見るには勇気がいりますね。

除夜の鐘の数は「煩悩」と同じ108回ですが
時代や教義によっては、煩悩の数は84000もあると言います。

しかし、数多の煩悩の根本は「欲望」「怒り」「迷い」の3つ。

しかも、全ての煩悩がこれら3つの組み合わせで
発生するのだそうです。


あぁ、耳が痛いっ・・・

ゴォ~ン、なんだか鐘の音がきこえてきそう(;-_-)