『やばい!子どもがゲームにはまってる』そんな時には?


犬の前の説教

理解できない相手に、ありがたい教えやためになることをいくら言って聞かせてもなんの効果もなく、 むだであることのたとえ

今回は・・・『子どもがゲームにはまって』いて、やめさせたい・・・あの手この手も効果なしで、血圧が急上昇↑↑↑という、お母さんはぜひ読んでいただきたい (*`ω´)テレビとか漫画とか、タブレットとか子どもがハマるものってゲーム以外にも色々ありますが「お母さ~ん、原因はあなたにあるっ!」と言われたらどうします?(英語本スタッフ)


ご自分の子どもがすでにゲームにはまってしまっていて
やめさせたいけど、どうにもできないという方は
大勢いらっしゃると思います。

理想論としては解るけど、現実的に既にゲームに
はまってしまっている子どもからゲームを取り上げることなんて
できない、と思う方はきっとたくさんいることでしょう。

その場合、どうなんでしょう?

子どもにやめなさいとガミガミ言っても
親と子の両方が嫌な気持ちになるだけで
ねずみといたちの追いかけっこが続くだけかも・・・

かと言って、私に名案があるワケではないのですが

一つだけ、試してみてもいいんじゃないかと思えることはあります。

それは、お母さんの目を子どものネガティブな部分に
フォーカスするのではなく、このゲームという問題を機に
お母さん自身の内側に向けてみることです。

どういうことかと言いますと、もしかしたら子どもが
ゲームをやっている時やテレビを観すぎている時
お母さんは無意識にそれらの物に
子どものお守りをさせていたかもしれない。

もしかしたら、ゲームをやめなさいと言っているだけで
子どもがやめやすいように仕向ける上手な誘導の仕方で
子どもが他の事に関心を向けるサポートができていなかったかもしれない。

私ね、とってもナイーブな見方かもしれないのですが
子どもはお母さんが自分に目を向けてくれて
色々なことを教えてくれるのが、本当は大好きなんじゃないかと思うのですよ。

「勉強しなさい」
「ゲームやらないの」
「テレビ消しなさい」
「かたづけなさい」
「早くやっちゃいなさい」

とお母さんが言っているだけで
もしお母さんの目が子どもに注がれてないとしたら
子どもに自主的にゲームをやめさせることは難しいと思うのです。

うちの場合ですが、うちの子は13歳になってから反抗期に突入して
「ボクは他の子と違って、ゲームをやらせてもらえなかったし
テレビも見せてもらえなかった」って言い出しました・・・

   - 次回につづく -


 世界に通用する教育は誰にでもできます
 メンバーズ登録で、<無料>にてご提供します!



 



▼ 編集後記ー@英語本スタッフー

告白します。

わが家には任天堂のWiiがある。

大きな声では言えませんが
うちの娘も小学校の頃は夢中でマリオやってたんですよっ。

実に面白そうだったので私もやってみたんだけれど
超ヘタクソで、ステージ1しかクリアできぬままでした。

それが娘のツボだったらしく得意満面。

当時は、「もう一回やってくんない?」とか
娘にお願いして(!)どんどん進むステージを
わたくし、ワクワクしながら眺めておりました。

そういえば、娘はギャラリーがいないと
ゲームをやりませんでしたね~。

なので、今日のマミーのメルマガは「なるほど納得」

今では、わが家のWiiはダンスゲーム専用ですが ヾ(^-^ゞ
ギャラリーなしでは踊らぬところは相変わらずです。