ゲームやテレビの代わりに読み聞かせ!


この世のあらゆる書物も、お前に幸福をもたらしはしない。
だが、書物はひそかにお前自身の中にお前を立ち帰らせる。

ヘルマン・ヘッセ(1877-1962 ドイツの作家)

今回お届けする内容は「ゲームやテレビの代わりに読み聞かせ」です。子どもが大きくなってくると、ゲームの問題が出てきますよね。一番効果的な対策は「○○しないこと」です。(英語本スタッフ)


私たち、もう本当に子どもが生まれてから
息子を色々な物に触れさせ様々なことを学ばせてきました。

特に自信を持てるのは、私たちは常に彼と色々な会話をしてきたことです。

とにかく彼が質問することには、できる限り答えてきました。
赤ちゃんの頃から、彼には色々な説明を常に常にしてきました。

お散歩をしながら、犬が歩いているのを見ると
犬の種類についてお話しました。

そして家に帰って図鑑で犬を見せ、本で他の動物のことを学び
その延長で動物園に行く・・・ これは例えばの話ですが
何を見ても私たちは息子を教育する材料にしてきたと思います。

だから、喋りまくってました。
でも今考えると、それが一番効果があった教育方法だったように思います。

親が喋りまくる・・・(っていうと表現悪いか)

え、では、「親が話しかけをする、、、」

なんかでも・・・
「話しかけをする」っていう程度じゃなかったんですよね。

本当に「話しかけどおし」
または「話しかけまくり」状態だったのですから。

その背景には普通のお家と違う環境がありました。

それは、テレビを観ない。
うちはケーブル持ったことないの。

そして、ゲームを買わない。

私にとって、とっても摩訶不思議で理解不可能なのが
ゲームを買って与えてあげながら、使っちゃいけないと叱ることです。

あるのに使わないのって難しいじゃないですか~!?

私だって、目の前に美味しそうなケーキをホレホレって見せられて、
でも食べちゃいけないって言われたたら、かなりきついっすよ、それ。

隠れて食べちゃうかもしれない。マジで。
しかし、なければ食べられない。

でも、たまに無償に食べたくなるけど
ちょっとすれば忘れちゃいますよね。

子どものゲームもそんなもんではないかと思うのですが・・・


ゲームやテレビを小さい頃からいっつも見せてたら
一体どれだけの時間を損出してしまうでしょう。

一人の子どもはゲームやテレビを観る代わりに
お母さんが本を読んであげています。

またはお父さんと一緒に外でボール投げをしてあげてます。
一日に少なくても2時間は、親子でそのように過ごしています。

別の子は、その2時間をゲームとテレビを観て過ごします。

さて、一日に本を少なくても3冊読んであげるとしますと
(小さい子の場合よ)、一週間で21冊。
一ヶ月で90冊。一年で1095冊です。

ゲームをしている子とそうでない子の知恵に
一年で1095冊分の差がでます。

そして、外で遊んで運動させて健康になる代わりに、
ゲームをしている子は、家にいて運動不足になります。

ねっ、こう考えると結構怖くない?

わたしゃ悪いことは言いません。

どうぞあなたのお子さんが小さい時に
お父さんとお母さんができるだけ話しかけをしてあげて
そしてゲームなどを与えずに本を読んであげてください。

私の言っていることが間違っているか正しいか
あなたのお子さんがティーンエージャーになる時に
きっと分かっていただけるでしょう。

その時に、あなたにも安心して見てられる親になって欲しいにゃ。

   - 次回につづく -




 世界に通用する教育は誰にでもできます
 メンバーズ登録で、<無料>にてご提供します!



 



▼ 編集後記ー@英語本スタッフー

子どものゲーム問題に悩まないために
一番効果的な方法とは「ゲームを買わないこと」でした。

ウン十年前、まだ私が子どもだった頃は
ゲームといったら「オセロ」や「ダイヤモンドゲーム」など
ボードゲームでした。

夕食後、家族で勝負するのがお楽しみだったものです。

まったく叶わなかった父にあっさり勝てるようになった時
「あぁ、もう自分は親に頼る年齢じゃないんだなぁ」と
何とも言えぬ気持ちになった記憶があります。

そういうわけで、高校生の娘との勝負ごとは
全力で「勝ち」にこだわっていますが
オバさんが全力で頑張っても、負ける日は近そうです。
(すでに相撲では負けている笑)