恐怖ではなく愛で満たす


一翳(いちえい)眼にあれば空華(くうげ)乱墜す

迷いや煩悩があると、心が乱れてしまって正しい認識を得ることができないということ

今回のキーワードは「恐怖心」です。日常の何気ない行動や選択の根っこにある動機をよくよくたどってみれば「不安や恐怖」だったってこと、ありませんか?パワーリーディング講習でも、子育ての「動機」が、話題にあがっています。あなたは「不安や恐怖の子育て」してませんか?


なぜかとり付かれたように、オンラインで世界のニュースを
観まくっていた時期があります。


そんな折、私は一つのニュースに心を大きく動かされました。

そのニュースは、人類に起こる霊的な事件の中でも
神の存在を感じ、体全体の細胞がシェイクされるくらい
とても大きく人々に感銘を与えるものでありました。

2006年10月2日、アメリカ東部ペンシルベニア州にある
アーミッシュの小学校が、襲撃されるという事件がありました。

アーミッシュについてはこちら
⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/アーミッシュ


その事件では、近くに住む男が小学校に入り込み
男の子たちを開放した後、黒板の前に縛って並ばせた女の子たちに発砲し
死者5人、計11人に重症を負わせ、その後犯人が自殺したという事件でした。


事件後、CNNのニュースではこんなコメントがありました。


 『電気もガスも使わずに、昔ながらの生活を営む
 敬虔なクリスチャンのアーミッシュ・コミュニティーにとって
 この事件の衝撃は、我々が9・11にニューヨークを攻撃された時と
 同じくらい大きな衝撃だったはず・・・』


にも関わらず、その後、アーミッシュの長老の一人がインタビューで

「・・・私たちは誰も憎みません。

これは神様から与えられた試練であると信じ
もしキリストならどのように行動するか考えます。

これは私たちに、何らかの役割が与えられたのだと思っています。
私たちは犯人を許します。

なぜなら許すことは、私たち人類が最も必要としている
癒しあることを知っているからです・・・」

と淡々と語っていました。


一方、9・11の時、人々はどのように行動したでしょうか?

多くの人々は恐怖に突き動かされ、扇動させられました。

毎週、日曜日に神の前で祈り、愛を唱える人たちや
経典を読み勉強する人たちまでも、扇動させられました。

話は少しシフトしますがメル・ギブソンの映画『パッション』では
数日前までキリストの話に耳を傾け、キリストを崇拝していた人たちでさえ
キリストが死す直前には、キリストを罵倒し処刑に追いやりました。

映画やストーリーを観ると、なんと酷い人たちだと思えますが
これは私たち自身の姿ではないでしょうか?

アーミッシュのニュースを観れば、これがどれだけ勇気のいることであるか
きっと誰でも感心させられ、彼らを尊敬するはずです。

アーミッシュの女の子たちが縄で縛られ、黒板の前に並べられた後
13歳の女の子が、他の小さな子供たちの命を救うため
「私を先に撃ってください」と申し出たことが後から分かりました。

そして今度はその子の妹が、お姉ちゃんが撃たれた後に
「次は私を」と名乗り出たそうです。

幸いにその子の命は助かったそうです。


子どもたちだって、こんなに勇気があるのです。

大人も立ち上がらないと!


私たちが闘わなければならないのは、テロリストではなく
私たちの中にある恐怖や憎しみです。

人は誰でもいつかは死にます。

恐怖におののきながら生活してもしなくても
誰でも一回は間違いなく死にます。

私たちは恐怖に支配されてはいけません。
恐怖によって、答えを導いてはいけません。

世間を見てください。

恐怖を煽り立てるニュースに扇動され
大昔、キリストを処刑に追いやった人々と同じことをしている
私たちが、今もって生きています。

強くなろう!

そして自分自身を愛で満たし、愛で人を許し
慈悲の心を持つことができる人間になろう。


それができる人間が増えたら、きっともっと平和で
安全な世界が自然と来てくれるはず。


他の誰でもない、あなたや私という小さな人間一人一人の勇気が
私たちの子どもたちの将来のために必要です。

   - 次回につづく -


 世界に通用する教育は誰にでもできます
 メンバーズ登録で、<無料>にてご提供します!



 



▼ 編集後記

私は子どもの頃「モモンガ」が怖かったんです。

なぜかって、母が「いうこと聞かないとモモンガくるよ」と
たびたび、脅し文句に使っていたから。

モモンガが何かもわからないのに、モモンガが怖かったんです。

疑うことを知らない幼子に・・・

うちの母ったら、なんちゅーことしてくれるんでしょうか。


でも、あるとき見ちゃったのよ。

図鑑でモモンガの写真、空飛ぶモモンガ、つぶらな瞳を。


「こ、これが・・・モモンガか・・・」

母のモモンガ作戦は効果ゼロになりました。


必ず実体がバレるであろう「モモンガ」をチョイスした
そのセンスに、母の愛を感じております(*´ω`*)