遊びながら楽しく学ぼう!


好きこそ物の上手なれ

好きなことは上達が早いということ

あなたは「勉強」と聞いて「楽しい♪」イメージって湧いてきます?お子さんには「勉強」=「苦痛」というイメージを持って欲しくはないですよね。遊んでいるように楽しみながら、賢くなる方法があるのかしら?それはこんな風に、親の工夫次第で可能なようです。


昔、子どもの頃うちの父に「もうれつアタロー描いて」って頼んだんです。

そしたら、

「おう、じゃ、バケツとブラシと絵の具もってこい」って。
だから画用紙とか色々、ちゃぶ台の上に持ってきました。

で、父はなにやら襖の下の畳の上に新聞紙を広げて敷いている・・・


そして、

襖に人間の等身大の「もうれつアタロー」を描きだした。

少し経つと、

「もうれつアタロー」に登場する等身大キャラクターに囲まれた
とってもカラフルで妙な和室ができあがりました。

子どもだった私は「お母さんに怒られるかも・・」と、ちょっと心配。

でも、父以上に太っ腹な母はへっちゃら。

私の想像を完璧に打ち破り、強烈なことをしてくれた父。
そしてそれを許容する母。

遊びに「ここまで」とか「こうあるべき」なんてあったら
つまらないものになっちゃうということを教えてくれた・・・

なんてね、彼らは自分たちが楽しんでただけよ。ホントに。。。


話はコロッと変わりますが

うちの子が小さかった時の具体的なお話をば・・・。

子どもが小さい頃、例えば・・・
うちの子がキッチンシンクの下のドア
つまり、鍋とか置いてあるところを開けたがったら
そんなことでは叱りません。

逆に鍋やら蓋やら全部引っぱり出して
蓋と胴体をバラバラにして、マッチングゲームさせたり
色んなもの持ってきて、一つの鍋に物が何個入るかやったり
こりゃ~いい教材だと思って親子で遊んでた。

その他、ワイングラスなんて子どもは触りたい。

だからワイングラスをあるだけ出して
それに水を入れて、ドレミファソラシドになるように
お水を調節して入れたり、やっぱり親子で遊ぶ。

こういうのをうちではプロジェクトと呼んでました。

そして、いつも「今日は何のプロジェクトしようか?」って。


はたまた・・・

数を教える時、例えばおやつにグミをあげるとします。
もちろん数えながらあげるんだけど
数えて渡したことろで、いくつか食べちゃうんだ。

それで、引き算を教える。
(ゲゲーッ、そんな幼児教育あり???)

「何でもありよ」

ただし子どもは怒ります。

「うぎゃ~、それボクのー!」とか言って。

そして、当然集中します。

で、今度から数をかぞえている時にもっと注意をして見ます。
母がずるしないように。

こんなトリックやツイスト、年中やってましたが
子どもはけっこうスクスク育ちました。
(と、私と夫は思っています)

うちでは遊びも学びもごちゃ混ぜのビビンバ♪

「よくかき混ぜた方が美味しいよ!」ってことよ。

   - 次回につづく -


▼ 編集後記

もう数年前になりますが、わが家のテーブルの裏側
見えないところに、たくさん文字が書いてあるのを発見しました。

それは、子どもと姪っ子による悪口合戦だった・・・

お互い「バカ」だの「アホ」だの書いてあって
おまけに色んな絵が、油性マジックで書かれている・・・。

普通にケンカせんかいっ!

しかし当の2人は、その密やかな感じに
「フッフッフ」とほくそ笑んでいたらしい。

もちろん、ガツンと怒っておきましたけれど
子どもの創造力は、上手に引き出したいところですね。

パワーリーディングの講習でも「創造力」というお題に
受講生さんが、知恵をしぼって創意工夫しています。

さすがに、マミ〜のお父さんのようなスケールで
創造力を爆発させる方は、未だに出ておりません(笑)

追伸: 「もーれつア太郎」って誰よ?って方は ↓こちらをどうぞ(笑)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/もーれつア太郎



 世界に通用する教育は誰にでもできます
 メンバーズ登録で、<無料>にてご提供します!