体感させる厳しい躾


鉄は熱いうちに打て

精神が柔軟で、吸収する力のある若いうちに
鍛えるべきであるというたとえ

今回お届けするのは、マミ〜の「躾」のお話。「いつも、子どもに振り回されてしまう」そんなあなたには、参考になるかも。


賢い子どもに育てるには健康も大事ですよね?

世界を大きく見ることができる、そんな見識も大事ですよね?

好奇心を持って遊ぶことも大事ですよね?

または、スピリチュアルな感性も大事ですよね?

数字教えたり文字教えたり、そんなことだけじゃありません。
ちなみにうちの子は幼稚園の時、20まで数えられなかったんですよ。

子育ってってかなり複雑です。

で、躾はとても大事なことの一つですよね、と~ぜん。

そこで今回は、うちの躾についてお話します。


うちでしていた躾とは、体感させ本人に選択させるという方法です。

こうしたらこういう結果になるということを
小さい頃から身をもって教えていました。

フライパン触ろうとしたら、触らせてみて
ジュッ!「あち~!!」って教える。

ウソウソ。



今度はホントの話。

例えば、車の中でシートベルトを取ったり外したりして遊んでいた時。

「シートベルトしてちゃんと座ってなさい」って言いますよね。
でも後ろのシートでボインボイン、モジョモジョしながら
一向にやめる様子はありません。

うちの子はサルだったんです。
とめどもなくサルでした。
(申年だし・・)

きかないし、気は強いし、強情だし、うるさいし。
だから面白かったんですけどね。

それで私はもう一回言いました。

「シートベルトしてちゃんと座ってなさい」って。

それでもボインボイン、モジョモジョやってます。


今度は車を止めて、目を見てドスを効かせた声で言います。

「今度やめなかったら、お友達の家の目の前に着いたとしても
そのまま車をUターンしてお家に帰るからね」って。

*ちなみに、子どもが赤ちゃんの時にある実験をしました。
(しかも面白いから何回も・・)

高いハイピッチの声で「なんてかわいいの、食べちゃうぞ」って言うと
赤ちゃんはニコニコ。

でも低い声でゆっくり「なんてかわいいの、食べちゃうぞ」って言うと
赤ちゃんはビクビク。

大人でもこんなことドスの効いた低い声で言われたら、ちょっと不気味です。

声のトーンを変えると、同じことを喋っても全然違った反応があるんですね。


さてさて、お察しの通り、息子は言うこと聞きませんでした。

それで、お誕生日に呼ばれてたお友達の家の直前まで来ていましたが
私はそのまま「はい、じゃあ帰ろう~」って言って、家に引き返しました。

うちの子はぎゃーぎゃー泣きました。
泣いたからって当然子どもの言いなりにはなりません。

“こうしたらこうなるっていう結果”を
前もって彼に伝えてあった通り家に引き返しました。

本当はすごく行ってあげたいんですよ。
かわいい息子が楽しんでる様子を見たいもん。

その頃、うちの母や他の人たちに言われました。

「厳しすぎる」って。

でも、頭から「ダメって言ったらダメなの」って
(親が白い物を黒っていったら黒なんだ)みたいな
理不尽なことはしてなかったと思います。

(ま、そういう事もあったかな)


私、ちょっと理解に苦しむんですよ。

  「さっきからダメだって言ってるでしょ~」って
結構、ハイピッチな音で“氣”を入れずに言ってるお母さん。

「も~、なにやってんのよ~、ダメでしょ~」
子どもはぜんぜん言うこと聞きません。

でも何回も説明なしに言ってます。「ダメ~」って。

私はダメって言う時は息子が小さい頃から
「なんでダメなのか」ということを説明していました。

ハッキリ言って面倒です。
小さい子どもに「これはこうだからダメだ」って
いちいちいちいち説明するなんて、すごく根気が必要です。

だいたい全然聞いてないし、解かってないみたいだし。

でもその苦労は絶対に報われる時が来ます。

叱る時は必ず目を見させてから話します。
私も彼の目をじっと見て話します。

目から、そして身体全体から氣を送るんです。

「カメハメハー!」って。

違う方向いていて、声だけで「ダメでしょ~」じゃ通じません。

その頃、周りの人たちによく言われました。
「まだ小さいんだから、そんなこと言ったって解からないでしょ」

はっはっはっ、聞く耳なんか持ってません。馬耳東風よ。

「そうかもしれな~い」なんて言いながら、右の耳から左の耳。

解からなくてもいいんです。でも説明するんです。
そのうち解かるようになると思ってましたから。

小さい頃からそうやって訓練しておかないと
大きくなってから親も子どもも苦労すると確信してました。


   - 次回につづく -


▼ 編集後記

マミ〜はよく

「人に対するリスペクトが育っていない子に
何かを教えるなんて無理よ。」

と言います。

その土台が「躾」だとも言っています。

パワーリーディングの講習が進んでくると
受講者さんの課題が、この土台の部分にあることもしばしば。


子どもってアッという間に大きくなっちゃいます。

娘が小さい時に、先輩ママから聞いたときには
「またまた~、そんなハズないでしょ。」
と思ってました。

でも、本当だった(笑)

土台作りができる時間は、思ったよりも短いものです。



 世界に通用する教育は誰にでもできます
 メンバーズ登録で、<無料>にてご提供します!