将来、子どもの教育で心配しないためには?


遠慮なければ近憂(きんゆう)あり

目先のことばかりにとらわれて遠い将来のことを考えずにいると、近い将来必ず心配事が起きるということわざ

今回は『将来、子どもの教育で心配しないためには?』ですが、どうでしょう? もしかして、『将来、子どもの教育で心配することになったらどうしよう?』 と、”今”すでに心配していたりして。 そのうえ、『親の心配性は、子どもに悪影響かな?』ということまで心配していたら、かなり重症です(笑) その心配、どうすれば良いの?『幅広い豊かな教育』第七弾!


“幅広い豊かな教育”について、まだまだ思っていることがありますので
もうちょっとお話してみます。



ではでは・・・

確か幼稚園の頃・・・
うちの息子は20まで数を数えられませんでした。

教えてなかった訳じゃないけど・・・

と言うより・・・

どちらかと言えば、一生懸命教えていた方だと思うのですが
それでも20まで数えられなかった。

数だけじゃなかったな~

本読むのだって特に早くできた訳ではなかった。

もちろん教えてましたよ。
ダディ〜は文学博士だし、結構、力入れて教えてたと思うんだけど・・・

にも関わらず・・・
(うわっ、4歳でもう本が読める!)なんて
親を喜ばしてはくれたことはなかった。

と言うより、その反対に・・・

スペルなんて覚える気全然ないようだし
特にスラスラ本を読んでいる様子を見せてくれたこともないし・・・

それだけじゃないんだ。

運動だって、(なんだこりゃ~?)だった。

サッカーを習わせた時なんて、ボールを追っかけるというコンセプトに
全く興味がなかったようで、皆がボールを追いかけているゲームの最中
遠くの方でグルグル回って、うちのボクちゃんは草の上で目を回して倒れていました。

あちゃ~

で、そんな息子の様子に私たちはどうしてたか・・・


全然、心配してなかったのヨ~ン!

その頃に親を喜ばせてくれる、とっても良くできた子だということを
証明して欲しいなんて思っていなかったの。


なぜか?


それはですね・・・

私たちはな~んの不安もなく、なんにも心配していなかったから。

だから、全然気にならなかった。


心配しない。


簡単なことです。

ホントに簡単よ。

ただ単に今から、心配しない!
って心配するのを止めればいいの。

なんちゃって~~~
ちょっとそれじゃあ無理か~~~?

じゃあ、しょうがないな、どうやって心配しないか教えてあげるよ。


それはね・・・


「親が大きなビジョンを持てばいいの」


親が大きなビジョンを持つということはどういうことか?

え~っと、大きなビジョンを持つことは

子どもに小さなことで期待するのではなく
“バカでっかい期待”を掛けるっていうことなんだ。

期待について、私たちがどう考えているかお話させていただく前に

以前にも書いた、ダディ〜が教鞭をとっていたことがある
アメリカの名門私立校St. Albansで教えてた時のことを回想してもらい

なぜ彼らが優秀なのかダディ〜の意見を聞いてみたので、まずはその話から・・・


考えない親に考えられる子供は育たない!
一緒に考えよう『ボディ、マインド、スピリット』の教育




すごい高額の名門私立校だからと言って、けっして先生が公立の先生より
優れている訳ではないというダディ〜の意見は以前に書きました。

それで、「じゃあ、何が違うのよ」って聞いてみたんだ。

それに対し・・・

「彼らは期待されているんだよ」とダディ〜

「期待されてるってどういうこと?」とマミ〜

「親も学校も、彼らが優秀であるのは当然だって思っているってこと」

(ふ~~~~~ん、分かったような分からないような・・・)

「もうちょっと分かるように説明してくれないかな~?」

「彼らが名門校に入って、そのままアイビーリーグに行き
そして大企業のトップや政治家になることは
家族からも社会からも、当然のことのように期待されているんだよ。
だから彼ら自身も、そうなることが当然で自然なことだと、
無意識に期待通りになるように生きてるんじゃないかな?」

(へーそうかい)ってな話である。

うちは貧乏だし、そんなレールを子供に敷いてあげることはできないゼ。

だからと言って、お金持ちの子どもだけが与えられる特権を
羨む気持ちもないんだな、これが。

だってうちはうちで、私たちは息子に
ものすごく大きな期待を掛けているんだもん。

この大きな期待故に、小さいことなんて全然気にならないんだ。

しかも親のビジョンと子どものビジョンが一致して
将来は、期待している通りになるとしか思えない私ってアホで幸せ。

でさ~、St. Albans の子どもたちが期待されてることと中身は違うけど
自然にしかも当然に“期待通りなる”という、メソッド自体は同じかも。

ではでは私たちの期待とは???


   - 次回につづく -


▼ 編集後記

とんちで有名な一休さんが、他界する直前に

 この先、どうしても手に負えぬ深刻な事態が起きたら
 この手紙を開けなさい。

と、一通の手紙を弟子たちに残しました。

数年後、今こそ師の知恵が必要だという
重大な局面が訪れたとき、固唾を呑んで開封した彼らの目に映ったのは・・・

「大丈夫。心配するな、何とかなる。」

有名なこのエピソード、真偽のほどは定かではないようですが
「一休さん・・・やるな。」と思えるのは、年の功でしょうか。

若いとき、真剣に悩んでいてこう言われたらムっときていたかも(笑)


 世界に通用する教育は誰にでもできます
 メンバーズ登録で、<無料>にてご提供します!